TOP> 過去ログ
2014年02月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

新サービス「LINE電話」がやってきた。業界最安でキャリアは真っ青 #LINE


LINE同士が無料で通話できるのはあたりまえですが、更にLINEを使っていない家族や友達、店舗への電話などでも通話料金を安くおさえることができるようになります。
携帯スマホ、固定電話へ業界最安で電話がかけられるキャリアも真っ青な「LINE電話」サービスがまもなく開始されます。
100円分クレジット事前登録キャンペーン先着10万人が一瞬で終了、50万人まで急遽変更するも勢いは止まらずキャンペーンはあっという間に終了してしまうという凄いことになっています。


業界最安のLINE電話サービスがまもなく開始


LINE公式ツイッターにてLINE電話サービス(LINE Call)が告知され、100円分の無料LINE電話を使用することができる事前登録キャンペーンはあっという間に締め切られました。
キャンペーン付与の対象は日本の携帯電話番号でLINEに登録していること、「LINE電話」のサービス公開時点(3月央予定)で、LINEのアプリ自体が「LINE電話」を搭載した最新バージョン にアップデートされているiPhoneおよびAndroid端末が対象ということです。



LINEアプリでのキャンペーン終了告知
クリックするとライン電話のHPにリンクします。

LINEアプリでのキャンペーン終了告知

LINE電話を使用するための前提条件


・携帯電話番号認証を使って登録している方のみ利用可能で、Facebook認証のみでLINEを利用している場合は利用できません。

携帯電話番号認証方法はこちら

http://line.naver.jp/help/categoryId/10183#10261

通話料金が業界最安


 LINE電話は月額基本料0円、初期費用0円、接続費用0円。通話料金以外、一切かかりません。
 コールクレジットか30日プランを購入する必要があります。
 ・LINE⇒固定電話
  2円/分(30日プラン)
  3円/分(コールクレジット)
 ・LINE⇒携帯電話
  6.5円/分(30日プラン)
  14円/分(コールクレジット)

※コールクレジットとは
 ⇒事前にLINE Callのクレジットを購入チャージする。期限がない

※30日プランとは
 ⇒事前に上限60分使用できるLINE Callのプランを購入する。期限は購入から30日

音声もクリア


国際標準の音声品質テストルームで品質を高めており、複数の大手回線事業者のプレミアム回線を使っているので、途切れにくくクリアな音声品質で話をすることができるとのこと

LINE@ナビ掲載のお店に無料で電話できる期間限定キャンペーン


LINE@ナビサービスに登録している一部店舗や施設は10分以内であれば無料で電話できる期間限定キャンペーンがあります。
(キャンペーン終了期限は未定です。)


LINE@ナビサービスに登録している一部店舗や施設を検索したい場合ですが、LINE@ナビにある検索機能はいまいちです。
例えば「あ」を検索するとこんな感じ

LINE@ナビでの検索

ここは、15もの最新テクノロジーを搭載したGoogle様に頼るべきでしょう
ということで、LINE@ナビに最適化したカスタム検索を貼っておきます。
検索のテクノロジーは月とすっぽんぐらいの違いがあります。



携帯番号の表示


・LINE電話→LINE以外の携帯や固定電話
 LINE電話でかけても携帯電話番号が表示される。
 但し、相手がドコモ携帯の場合表示されない模様(←サービス開始したら確認したほうがよいかと)

LINE電話で受けることはできない


・LINE以外の携帯や固定電話→LINE電話
 ということはできない。
 普通にスマホの携帯として受けることになります。

スマートフォン電話帳の扱いについて



スマートフォン電話帳の扱いに関するライン電話のHPの記載

「スマートフォンの電話帳(※)や発着信履歴から、LINE電話をかけることもできます」
※LINEでアドレス帳の連携をしていない場合でも、その設定を変えずに、LINE電話内には「連絡帳」が表示されます。(LINEの友だちには連携しませんので、ご安心ください)


【コレの意味】
LINE電話内では連絡帳が表示されるとのこと。
表示されないと、電話番号を調べるのが大変だから使いづらいということになるからでしょうね
一般的にLINEでアドレス帳の連携をしない設定にしているのは下記のヤフ知恵のようなケースを防ぐためです。
その設定を変えていないのに、アドレス帳の連携をしているので友達連携して下記のヤフ知恵のようなケースが発生するのではないかと不安になりますが、あくまでも電話番号を表示するためだけの機能ですよという意味と解釈できます。


ヤフ知恵より引用

LINEに携帯のアドレス帳を同期したら、入れたくない知り合いまで引っかかってしまいました。
携帯には、昔聞いたアドレスや番号が大量に入っており、
中には仲間割れしたヤツとか、日雇いの仕事で1日だけ連絡しあうために番号を交換し合った人もいます。

【質問@】
自動的に友達に入ってしまった方々は、ブロックすれば相手方のラインには表示されないでしょうか?

回答⇒自動的に友だちに入ってしまった人は、相手のLINEでもすでに知り合いかも?に表示されています。相手も番号を持っていた、もしくは知り合いかも?から見つけてすでに友だち登録した場合は、こちらがブロックしても相手のLINEからは消えません。相手のLINEで知り合いかも?の状態だったら、ブロックしてしまえば表示から消えるかも…でもスイマセン、これは試したことがないので分かりません(汗

【質問A】
中には10年前くらいに登録して一度も連絡を取っていない方もいました。
それでも自動的に友達に登録されると言うことは、相手が当事のアドや番号を今でも使っていると考えればいいのでしょうか?

回答⇒アドレスは分かりませんが、番号は変わっていないということですね。

【質問B】
例えば、自分のアドレス帳には登録されているが、相手のアドレス帳には登録されていない人がいるとします。こちらが一方的に登録しているだけでも、勝手に友達になり、相手方のラインにも表示されると考えればいいのでしょうか?

回答⇒相手がアドレス帳に登録していなければ、相手のLINEでは質問者さんが「知り合いかも?」のなかに表示されているはずです。

【質問C】
この機能で、ありがちなトラブルとか、ないでしょうか??巷ではこんなことが起こっているとかありましたら、参考にしたいので教えてください。

回答⇒一番いいのはLINE登録の際にアドレス帳のデータ送信を許可しない選択をするか、またはLINE登録前にアドレス帳を整理しておくことでした。
これとは違いますが、自分はアドレス帳からいっさいのデータを消していた、連絡を取りたくない知り合いが、いまだ自分の電話番号をアドレス帳に登録していたままで、そのため相手のLINEに自分が友だちとして表示されてしまい、向こうから連絡があった、などというのを聞いたことがあります。まぁ、ブロックしてしまえば、連絡は来なくなりますが。


LINE公式ツイッター(@NAVER_LINE) からのツイート




「LINE電話 OR ライン電話」に関するツイート


トップツイートのみ表示
(にしないと、ツイート多すぎでヤバイ)



スポンサーリンク


スポンサーリンク

広告表示LOLIPOP
人気ブログランキング

SNS Bookmarkサービス
Clip to Evernote
posted by マックん at 2014年02月27日23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | appli(スマホアプリ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年02月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

SkyDriveからOneDrive(ワンドライブ)へ −容量追加キャンペーン− #OneDrive


Windows8.1(おそらくWindows8も)では、まだSkyDriveのままですが、
Windows7ではSkyDriveがOneDriveに名称変更されています。
SkyDrive利用者から見ると、SkyDriveにアップしたファイルはそのままOneDriveに移行されています。

OneDriveの容量追加キャンペーン


SkyDriveの初期キャンペーンでは容量25GBでしたが、通常の新規使用では7GBが初期値になります。
その7GBに追加でカメラバックアップをオンにすると+3GB追加され10GBになるキャンペーンなど実施中です。

3GB追加手順


追加は非常に簡単で、スマホのOneDriveアプリから実施します。
OneDriveのアプリをダウンロードすると下記のようにカメラバックアップをオンにするか否か選択できるので
バックアップオンにします。

onedrive.png

その後、Wi-Fiに接続すると、PCの\Users\【コンピュータ名】\SkyDrive\画像\カメラ ロール
に自動でスマホで撮った写真がアップされます。もちろんWi-Fiに接続しないと自動アップはしません。
自動アップされるとすぐ、3GB追加され10GBになってます。

onedrive5.png



お友達紹介500M追加(最大5Gまで)キャンペーン


Dropboxのようなお友達紹介キャンペーンのサービスが開始されています。
もしWindows7で新規にOneDrive(旧 SkyDrive)を作成したい場合など、
新規にMsアカウント(Microsoftアカウント)を作成した場合
https://signup.live.com/signup.aspx?lic=1
は、下記のリンクを利用下さい。

onedrive_seal.png

お互いに0.5GBが増量されます。
(既存ユーザがクリックしても0.5GBは追加されません。)

onedrive6.png

お友達紹介キャンペーンのリンクを作りたいとき


既にOneDriveを使用している場合でお友達紹介リンクを作りたい場合は、
OneDriveにログイン後、設定>オプション>無料キャンペーンでお友達紹介リンクを作成できます。

onedrive7.png

その他のキャンペーン


参考までに、2/19〜2/23「先着10万名さま100Gストレージ/1年間無料キャンペーン」が30分で完了しました。
これは、一生無料ではないのでスルーしました。
リンク先はWin up to 100 GB of free storage for one year!
となっています。
OneDriveを100GB仮に使用したら1年後に有料メニューに移行せざる負えなくなりますよね。



クラウドは一生無料のサービスで地道に容量を増やすキャンペーンを探しつつ、
複数クラウド使っていくところが美味しいところですので。
スポンサーリンク


スポンサーリンク

広告表示LOLIPOP
人気ブログランキング

SNS Bookmarkサービス
Clip to Evernote
posted by マックん at 2014年02月22日16:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | cloud computing(クラウド) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ