TOP> カテゴリ「Windows7」
2015年01月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

【Windows7】Adobe製品のシリアル番号を表示する方法


Adobe製品のシリアル番号ですが、ユーザ登録をしていない状況でシリアル番号を紛失した場合、シリアル番号の再発行サービスは一切行われません。
製品ユーザ登録済みであれば、本人確認後、後日文書にて通知してもらうことはできます。
(電話による口頭での回答は一切ありません。)

シリアル番号を紛失したが、シリアル番号をどうしてもすぐに知りたいという場合に、Adobe製品がインストールされている状態で、すみやかにシリアル番号を表示する方法です。

Adobe製品のシリアル番号を表示する


検証時のOS


Windows 7 (x64)

検証時のVirus Protection


Kingsoft AntiVirus
avast! Antivirus

Adobe製品シリアル番号表示検証対象ソフト


Adobe Systems - Acrobat Version 9.0.0.2008061200
Adobe Systems - Photoshop Elements Version 9.0

シリアル番号表示ソフト


以下のbelarc.comのソフト(フリー)を使用しました。
クリックするとHPにリンクします。

belarc.png
(使用する場合は自己責任でお願いします)

ダウンロードすると、advisorinstaller.exe
というソフトがダウンロードされます。

ソフトのバージョンは8.4.0.0でした。(投稿時点)
デジタル署名は以下の状態。(投稿時点)

belarc2.png

advisorinstaller.exeダウンロードおよび実行時のVirus Protection


・Kingsoft AntiVirus
→問題なし。但し、ダウンロード時に怪しいソフトの警告アラートが表示されました。

・avast! Antivirus
→問題なし

実行結果


インストールと同時に、以下のように、Adobe製品のシリアル番号が表示されました。(所要時間10分程度)
このソフトを知ってしまうと、ユーザ登録済みでもAdobeに問い合わせて後日文書で通知してもらうというやりとりを選択することは永遠にないでしょう。

belarc3.png

表示される情報


PC監査用に使用する目的のソフトウェアでしょうか、PCに関するほぼすべての情報が表示されました。
PC購入時と廃棄時のライセンスチェック、PCをヤフオク!出品する場合での最終チェックなどに使えそうです。

表示される情報

Operating System
System Model
Processor
Main Circuit Board
Drives
Memory Modules
Local Drive Volumes
Users (mouse over user name for details)
Network Drives
Printers
Controllers
Display
Bus Adapters
Multimedia
Virus Protection
Group Policies
Communications
Other Devices
USB Storage Use in past 30 Days (mouse over last used for details)

Hosted Virtual Machines (mouse over name for details)
→VMの情報まで表示されます。Mac OSをインストールしていることが一発でばれました。
belarc4.png

Network Map (mouse over IP address for physical address)
Missing Security Updates
Software Licenses
→Adobe製品だけでなく、Windows7、Office、他の全プログラムのシリアルが表示されます。

Software Versions & Usage
Installed Microsoft Hotfixes


これは、adobe製品含め、どんなソフトでもシリアルを表示してしまう究極のソフトといえるでしょう
モデルケースがさっぱりわかりません。
有料でも購入する人いるんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

広告表示LOLIPOP
人気ブログランキング

SNS Bookmarkサービス
Clip to Evernote
posted by マックん at 2015年01月17日09:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年11月09日
このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

【Windows7】Internet Explorer 11( IE 11 )Windows7版が正式にリリース #windows7


Windows8.1のInternet Explorer 11がWindows7にやって来ました。
体感スピードはInternet Explorer 10と比較できないほど早いです。
Windows7ユーザはInternet Explorer 11に更新することをおすすめします。

IE11の特徴


あらためてIE11の特徴を整理しました。

IE11の概観とダウンロードリンク


バージョンは11.0.9600.16428(投稿時点)
Windows7 64bit Internet Explorer 11の外観

Windows7 64BITの場合はIE11も64BIT版、Windows7 32BITの場合はIE11も32BIT版しかダウンロードできません。
デフォルト設定は、「検索エンジンを Bing、スタート ページを MSN に設定」になっています。
当たり前ですが、Internet Explorer 11は検索エンジンがBingに超最適化されています。
例えば、検索TOPは検索した瞬間に表示されるという速さです。
検索TOPをクリックする人は検索した人の50%程度に達するということなので、これまた世界規模になるとものすごい経済効果が期待できます。
後で変更することも可能なので初期値で試してみてはどうでしょうか
インストール前にデフォルトのチェックをはずすことも可能です。

ダウンロードサイトは下記になります。

http://windows.microsoft.com/ja-jp/internet-explorer/download-ie

パフォーマンスの向上


MicrosoftによるとJavascriptでは IE11が、主流ブラウザの中で最も早いブラウザとなったようです。IE10の次に速いOpera 17に比べても約30%高速ということです。

セキュリティの向上


マルウェアに対してChromeは70%、FirefoxとSafariは4%しかブロックしないにもかかわらずIE11は99%をブロックするようです。
フィッシング攻撃に対しても、同様にセキュリティが向上されています。

同時に開けるタブ数


同時に100タブ開けるようになります。
ブラウザがタブで一杯になるとタブが少しずつ小さくなります。
例えば、Chromeはタブが一杯になるとタブが見えなくなり困りますが、IE11ではタブの横に矢印が表示され100タブ開いてもタブが消えません。
これはナイスな機能です。

Encrypted Media Extensions (EME)には未対応


Internet Explorer 11 では、HTML5 の Encrypted Media Extensions (EME) のサポートが導入されています。 EME は video 要素と audio 要素を拡張し、プラグインを使うことなく、デジタル著作権管理 (DRM) で保護されたコンテンツを有効にします。
EME は、Windows 8.1 の Internet Explorer 11 および JavaScript を使っている Windows ストア アプリでサポートされます。

高 DPI には未対応


Internet Explorer 11 では高 DPI の画面や小型のスレートでの拡大縮小機能が強化されてますが、これはWindows8.1の場合でWindows7では未対応です。
また、Windows 8.1のユーザーインターフェイスやタッチ関連機能にも対応してません。

【参考】主流ブラウザの総合ベンチマーク結果は?
            −2013年6月末時点− 


IE11について、技術系サイトとして権威のあるTom's Hardwareの総合ベンチマークの結果はまだ出てませんが、このIE11はかなり上位に食い込むのではないでしょうか。結果が楽しみです。
ちなみに、2013年6月末の時点で最もバランスの取れたブラウザはFirefox 22という結果が出ています。

【性能順位】
⇒「待機時間」「JavaScript/DOM」「HTML5/CSS3」「HWアクセラレーション」

1位:Firefox 22
2位:Google Chrome 27
3位:Opera Next(Opera 15)
4位:Internet Explorer 10
5位:Opera 12

【非性能順位】
⇒「メモリ効率」「信頼性」「安全性」「標準適合」

1位:Firefox 22
2位:Opera Next(Opera 15)
3位:Google Chrome 27
4位:Internet Explorer 10
5位:Opera 12

【総合順位】
1位:Firefox 22
2位:Opera Next(Opera 15)
3位:Google Chrome 27
4位:Internet Explorer 10
5位:Opera 12

クリックするとTom's HardwareのHPにリンクします。

tomshardware_WBGP_XVI_Champion スポンサーリンク


スポンサーリンク

広告表示LOLIPOP
人気ブログランキング

SNS Bookmarkサービス
Clip to Evernote
posted by マックん at 2013年11月09日02:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ