TOP> カテゴリ「Windows8」
2013年11月01日
このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

【Windows8】Windows8.1 isoをダウンロードする方法


Windows8ユーザがwindows8.1 isoをダウンロードする方法についてです。

Windows8.1のセットアップで直接Windows8で購入したプロダクトコードを入力してもはじかれます。
同様にwindows8ユーザがストアを経由してアップグレードしたWindows8.1のプロダクトコードを入力してもはじかれます。
Windows8.1のセットアップでプロダクトコードがはじかれる

Windows8.1 isoをダウンロードする方法
(実施する場合は自己責任でお願いします)



Windows8.1で実施しています。

まずは下記をクリック

http://windows.microsoft.com/en-us/windows-8/upgrade-product-key-only

下記をそれぞれダウンロードする。
・Install Windows 8
 ファイル名:Windows8-Setup
 (ファイルバージョン:6.2.9200.16507でした)

・Install Windows 8.1
 ファイル名:WindowsSetupBox
 (ファイルバージョン:6.3.9600.16415でした)

Windows8-Setupを起動する
Windows8のプロダクトキーを入力してダウンロードを開始後に中断する。
(ダウンロード時間の計算が終わってダウンロードを開始してすぐに「一時停止」を押して×ボタンで終了する)
Windows8のセットアップを起動


WindowsSetupBoxを起動すると何事もなかったかのようにWindows8.1のダウンロードが開始されます。
windows8.1のセットアップの起動が成功

Windows Setup Edition Configurationとしてei.cfgファイルを作成しておきます。
■ei.cfg適用対象:Windows 8、Windows8.1、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2
■ei.cfgフォーマット
[EditionID]: Windows edition ID
[Channel]:"OEM" or "Retail"
[VL]:ボリュームライセンス 【1:ボリュームライセンス 0:ボリュームライセンスでない】
Windows8.1をダウンロードしたフォルダにei.cfgファイルを作成する

コピペ用



[EditionID]

[Channel]
Retail

[VL]
0





windows8.1のダウンロードが完了するとメニューが表示されます。
「メディアを作ってインストール」を選択します。
Windows8.1をダウンロード後のメニュー

メディアはUSBフラッシュドライブとisoを選択できます。
isoを選択するとダウンロードできます。
Windows8.1をダウンロード後にUSBまたはISOを選択する

Windows8.1 をUSBフラッシュドライブに作成する場合
(実施する場合は自己責任でお願いします)


USBフラッシュドライブは今回下記を使用しました。


メディアに作成後、プロダクトキーが表示され下記の「別のパーティションに Windows 8.1 をインストールするには」のアドレスが案内されます。
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/boot-install-partition-media-usb-dvd?ocid=W8_setup_partition
Windows8.1をダウンロード後にUSBを選択してダウンロードが完了する

メディアの使用サイズです。

windows8.1_usb_size.png


Windows8.1をダウンロードしたメディアからセットアップの起動まで確認しました。
セットアップを起動すると下記のメニューが表示されます。
Windows8.1をダウンロードしたメディアからセットアップを起動する


2014/02/08追記

このWindows8.1 isoもしくはメディアのプロダクトキーはWindows8と同じなので、そのまま別のPCで使用すると0xC004C008でライセンス認証できないとなるはず。
(なぜなら、windows8ユーザがストアを経由してアップグレードしたWindows8.1使用中に、他のPCでこのWindows8.1 isoが認証できたらライセンス違反になるから)
あくまでも、Windows8ユーザがWindows8.1のアップグレードでストアを経由すると時間がかかるのでWindows8.1 isoを使用したいという場合しか使えません。
使用中のWindows8(もしくはストアを経由してアップグレードしたWindows8.1)を別のPCへ乗り換えたいという場合は、使用中のPCでプロダクトキーを一旦リセットする必要があります。

関連記事「【Windows7】プロダクトキー(Product Key / CD Key / ライセンスキー / シリアルナンバー)確認方法・OS乗り換え手順」



タグ:Win8
スポンサーリンク


スポンサーリンク

広告表示LOLIPOP
人気ブログランキング

SNS Bookmarkサービス
Clip to Evernote
posted by マックん at 2013年11月01日14:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年10月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

【Windows8.1】Windows Media Centerを再アクティベート


Windows8.1でWindows Media Centerをアクティベートする



Windows8でWindows Media Centerをアクティベートしていても、Windows8.1のアップグレードでWindows Media Centerはなんと消え去っています。
そこで、Windows8.1再アクティベートをする手順です。

Windows Media Centerのアクティベート手順



下記はWindows8の登録メールです。
(Windows8をWindows8.1に読み替えることによりアクティベートできました)

windows8_media_center_pack登録メール

【手順】
以下の手順に従って Windows 8 Pro を実行中の PC に Windows 8 Media Center Pack を追加してください。
1.画面の右端からスワイプし、[検索] をタップしてください。(マウスを使用する場合は、画面の右上隅をポイントし、[検索] をクリックします。)
2.検索ボックスに「 機能の追加 」と入力し、[設定]をタップまたはクリックします。
3.[Windows 8 への機能の追加] をタップまたはクリックします。
次に、[プロダクト キーは入手済みです] をタップまたはクリックします。
4.プロダクト キーを入力し、[次へ] をクリックします。
5.ライセンス条項を読み、ライセンス条項に同意するチェック ボックスを選択し、[機能の追加] をクリックします。


Windows Media Centerの詳細はこちら
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/terms-conditions-feature-packs

Windows8.1のアプリに追加される


Windows8.1を再起動すると無事にWindows8.1のアプリにWindows Media Centerが追加されていました。

windows8.1_media_center.png

Windows8.1のシステム


Windowsエディションも「Windows 8.1 Pro with Media Center」に変更されています。
windows8.1_system.png


Windows8.1のWindows Media Center


Windows8.1でDVD再生や動画再生など問題なく動作します。
ただ、PCが非力なのは認めますが、このMedia Centerもう少し軽量化してほしいものです。
ニュース動画などの再生までの立ち上がりが重い感じです。
windows8.1_media_center_real.png スポンサーリンク


スポンサーリンク

広告表示LOLIPOP
人気ブログランキング

SNS Bookmarkサービス
Clip to Evernote
posted by マックん at 2013年10月25日06:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ