TOP> カテゴリ「Windows8」
2013年06月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

Windows 8.1 Preview のインストール前に確認すべきこと


ようやくWindows 8.1 Previewが公開されました。
当初はWindows8ユーザのみの公開と思いきや、Windows8ユーザに限らず公開されてます。
本記事ではダウンロード前に確認すべき重要事項と思われる内容を抜粋しておきます。

Windows 8.1 Previewダウンロード前に確認すべき重要事項



Windows 8.1 Previewでサポートされていないタブレット PC や PC(投稿時点)


最新リンク:http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/not-supported-tablets-pcs
Lenovo ThinkPad Tablet 2
ASUS VivoTab TF810C
Samsung ATIV Smart PC
HP ElitePad 900
HP ENVY x2
Fujitsu ARROWS Tab
上記のタブレット PC または PC をお使いの場合、このサイトを定期的にご確認ください。プレビュー版のリリース中にほとんどのものがサポートされる予定です。

Windows 8.1 Preview をインストールした場合のリスク(FAQより)


Windows 8.1 Preview と Windows RT 8.1 Preview は、安定性があり、徹底したテストを完了していますが、完成した製品ではありません。
お使いの PC がクラッシュしたり、重要なファイルが失われたりする可能性はあります。
そのため、必ずデータのバックアップを取ったうえで、メインの自宅 PC や仕事用 PC ではプレビュー版を試さないようにしてください。 次のような問題が発生する場合もあります。

・ウイルス対策プログラムやセキュリティ プログラムなど、ソフトウェアがインストールされないか、正常に動作しない。
・プリンターやビデオ カードなどのハードウェアが動作しない。
・社内ネットワークやホーム ネットワークにアクセスできない。
・一部のファイルが破損する。
・プレビュー版をインストールする前に、それを試すことによるリスクとメリットを十分に比較検討してください。

Windows 8.1 Preview をインストールする場合、ファイル、設定、アプリの保持(FAQより)



ISO のダウンロード時に作成したリムーバブル メディアから PC を起動すると、更新時にアプリ、Windows 設定、個人用ファイルを保持できなくなります。お使いの PC で現在実行している Windows のバージョンに応じて、更新時に保持できるものを次の表に示します。

アップグレード
前のバージョン         保持できるもの
     
Windows 8          Windows 設定、個人用ファイル、ほとんどのアプリ

Windows RT         Windows 設定、個人用ファイル、ほとんどのアプリ

Windows 7          個人用ファイル

Windows Vista        なし
(メディアから起動して、クリーン インストールを実行する必要があります)

Windows XP         なし
(メディアから起動して、クリーン インストールを実行する必要があります)

Windows 8.1 Preview のアンインストール(FAQより)


プレビュー版のアンインストールはサポートされていません。ただし、システム全体を出荷時の状態に戻すことができる可能性はあります。

Windows 8 が付属する PC では、PC のリフレッシュを使って Windows 8 に戻すことができる場合があります。個人用ファイルには影響がありませんが、PC に付属していなかったアプリは再インストールする必要があります。また、プレビュー版のご利用中にインストールしたアプリは、Windows 8 ストアを通じて提供されない場合があります。PC のリフレッシュを使う方法について詳しくは、PC を復元、リフレッシュ、または初期状態に戻す方法に関する Web ページhttp://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/restore-refresh-reset-pcをご覧ください。

Windows XP、Windows Vista、または Windows 7 をお使いの場合は、プレビュー版をアンインストールできません。以前のオペレーティング システムに戻すには、お使いの PC に付属するリカバリ メディアまたはインストール メディア (通常は DVD メディア) から再インストールする必要があります。リカバリ メディアがない場合は、更新前に、PC 製造業者から提供されたソフトウェアを使って、PC のリカバリ パーティションから作成できます。詳しくは、お使いの PC の製造元の Web サイトのサポート情報をご覧ください。Windows 8.1 Preview のインストール後は、PC の回復パーティションを使って以前のバージョンの Windows に戻すことはできません。

Windows RT を現在お使いの場合は、Windows RT 8.1 Preview をアンインストールできません。 Windows RT 8.1 の最終エディションがリリースされたら、そのエディションにアップグレードできます。

その他(サウンドドライバ、Wi-Fi無線LAN)懸念事項


Windows8→Windows8.1であれば問題ないですが、
Windows Xp→Windows8.1やWindows Vista→Windows8.1やWindows 7→Windows8.1のケースではWindows8への乗換えのケースと同様に音が出ない問題やWi-Fi無線LANが接続できないなどの互換問題が発生する可能性があります。
Wi-Fi無線LANでは下記の記事に動作製品を掲載しています。

気になる方は、「【XP 乗り換え 8】音が出ない場合のサウンドドライバ対処法 PANASONIC CF-W5編」を参照してみて下さい。

Windows 8.1 Preview のダウンロード


Windows 8.1 Preview のダウンロードリンク


http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/preview-download

Windows 8.1 Preview のインストール方法


Windows 8.1 Preview のインストール方法は 2 とおりあり、Windows ストアを通じてインストールするか、ISO を使ってインストールできます。

プレビュー版が提供されている 13 言語のいずれかの Windows 8 をお使いの場合は、Windows ストアからプレビュー版をダウンロードすることを強くお勧めします。ストアからインストールする場合、インストール メディアを作ることはできません。Windows ストアから直接プレビュー版をダウンロードする必要があります。Windows RT をお使いの場合は、ストアを通じてのみ更新できます。
Windows ストアを通じて Windows 8.1 Preview をインストールする場合、プロダクト キーは必要ありません。ISO をダウンロードした場合、プロダクト キーが必要です。

Windows 8.1 Preview のプロダクトキー


プロダクト キー: NTTX3-RV7VB-T7X7F-WQYYY-9Y92F

Windows 8.1 Previewをさわりたい方へのおすすめ使用方法


Preview版の常識ですが、「Windows 8.1 Preview をインストールした場合のリスク」を見ていただければ分かると思いますが、少なくとも今は、Windows 8製品版にWindows 8.1 Previewを直接アップデートするメリットはないと思います。(デメリットはたくさんありますが)
Windows 8.1 PreviewのISOからメディアを作成し、Windows 8もしくはWindows7にVMware Playerなどをインストール後に仮想OSとして、Windows 8.1 Previewメディアを(クリーン)インストールしてお試しするのがよいと思われます。

関連記事「【Windows 8.1 Preview】 VMware Player(Windows7)にインストール」


タグ:Win8
スポンサーリンク


スポンサーリンク

広告表示LOLIPOP
人気ブログランキング

SNS Bookmarkサービス
Clip to Evernote
posted by マックん at 2013年06月28日02:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年06月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

【Windows 8.1(開発コード名:「Blue」)】パブリックプレビュー版の提供まもなく



Microsoftは2013年6月に、「Windows Blue」のpublic preview (パブリックプレビュー版)を「Windows 8」の全ユーザー向けに提供する予定と報じています。

winblueleaks.png

【情報入手元:zdnet.com「Windowsエンジニアリングを統括するJulie Larson-Green氏より」】



MicrosoftはWindows Blueの2回目の社内マイルストーンビルド(「Milestone Preview」として知られている)と思われるものが完成した後に、Windows Blueで唯一のパブリックプレビュー版が一般ユーザー向けにリリースされる模様
Windows Blueは6月末に、Windows 8を使用するすべてのユーザーを対象にWindows Storeから提供される予定

Windows Blueでは、「Start」ボタンと起動後直接デスクトップを表示するオプションが復活すると噂されているが、Microsoftはその可能性を排除はしていない状況



【情報入手元:zdnet.com「Windows 8.1アップグレードの提供方法について」】



■パブリックプレビュー版の提供日          
Windows 8.1のパブリックプレビュー版は2013年6月26日に「Windows Store」で提供される予定。


■具体的な提供方法                 
Windows 8.1のパブリックプレビュー版がリリースされたら、「Windows 8」および「Windows RT」のユーザーは「Windows Update」通知を受け取ることになる。そのアップデートを実行すると、Windows Storeにプレビュー版が表示されるようになるので、テストを検討しているユーザーは説明を読み、インストールするかどうかを判断できる。
Windows 8.1は無償提供です。


■Windows 8→Windows 8.1 public preview の場合  
Windows 8.1最終版をインストールしてもユーザーのデータとアカウントは保存されるが、アプリはすべて再インストールすることになるようです。


■Windows 8→Windows 8.1の場合           
 プレビュービルドをインストールせずにWindows 8やWindows RTからWindows 8.1へ直接移行することを選択したWindows 8ユーザーについては、アプリの再インストールは不要です。
すべての設定とデータ、アプリは引き継がれるという。(当たり前かもしれませんが)
Windows 8ユーザーはWindows 8やWindows RTからWindows 8.1の各バージョンへの移行をいつ実行すべきか、また実行すべきか否かを自分で決めることができます。


New Bounty Program Details
http://blogs.technet.com/b/srd/archive/2013/06/17/new-bounty-program-details.aspx より
■Windows 8.1の攻撃手口発見で新しい報奨金制度 

Microsoftは「Microsoft Security Bounty Programs」を発表しました。
同社の最新OSとブラウザーに重要な脆弱性を発見および報告した人に報奨金が付与されます。
次期OS「Windows 8.1」プレビュー版が公開される6月26日に開始されます。
ブラウザはInternet Explorer 11 Preview版が搭載され、Internet Explorer 11Preview版に影響する深刻な脆弱性を見つけた人に最大1万1000ドルが支払れます。
効果的で実用的、そして堅牢な技術について説明したホワイトペーパーの提出により、追加で5万ドルボーナスの資格があります。
受付期間は7月26日までの30日間。




スポンサーリンク


スポンサーリンク

広告表示LOLIPOP
人気ブログランキング

SNS Bookmarkサービス
Clip to Evernote
posted by マックん at 2013年06月23日23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ